<< 今週の新澤健一郎 | main | 2017.9.30の自由演奏 <土曜日の朝アップ…いま弾いた即興演奏> >>
Low Interval Limit と左手の練習 〜何故、響きがぶよぶよするのか?〜

まずはブログランキングをポチってから読むんですよー
アクセスありがとうございます!

ライブスケジュールはこちらです〜
http://www.shinzawa.net/schedule/

レッスン情報はこちらです。
http://www.shinzawa.net/lesson

Facebookページ始めました!僕の音楽に共感してくださるかたは、是非、僕のFacebookページに「いいね!」でご購読ください!
https://www.facebook.com/kenichiroshinzawa/


Low Interval Limit と左手の練習

〜何故、響きがぶよぶよするのか?〜

 

■コードの基本的な押さえ方を覚えて、色々と実際に弾いてみると、例えば譜例1のように、音が重たくて、ぶよぶよした感じになりますよね?いい感じとは言えない響きです。

LIL1

譜例2のように、上の音域で弾けば大丈夫なのに、これは何故でしょう?

 

LIL2

 

 

■実は、音程ごとに適切に響く「下限」があって、これを「Low Interval Limit」と呼びます。それを下回ると、響きが重たくなったり、ぶよぶよしたりします。

 

LIL3

 

*オクターブは Low Interval Limit なし

*特殊な効果を狙う時は、敢えて Low Interval Limit を無視する事もある

*ピアノは自分で音程を作る楽器ではないので、多少下回っても大丈夫な場合もある。感覚的に処理で構わない。

*とりあえずは、短3度、長3度を覚えよう。

 

■譜例1のGm7は、3rdの音が Low Interval Limit を下回って、響きが重くなってしまっています。

3rdの音をオクターブ上げて、改善します。それぞれの響きの違いを聴き比べて下さい。

 

LIL4

 

■この性質を知って、バラードなどでよく出てくる次の形を練習しましょう。(左手)

 

LIL5

 

色々なコードで、この(1)-(5)-(7)-(3)の形と、(1)-(5)-(3)-(7)の形を練習して、実際の曲にも応用しよう。

 

 

楽しみましょう!

いままでのレッスンブログを全部見るにはこちら!

■メルマガ会員募集中!
毎月1日と20日に最新情報をメール配信!会員様専用サイトでライブ動画などを月いち更新!ご希望のお客様は私のサイトのトップページからご登録!折り返し、アクセス情報をお送りします。数日掛かってしまう場合もございます。予めご了承下さい。

 

JUGEMテーマ:音楽

Lesson | 20:58 | - | -