<< 今週の新澤健一郎 | main | iCloudミュージックライブラリがONの場合のボイスメモの同期(iPhoneとMac)。 >>
ピアノという楽器の音色はペダルを踏んでいるときの音色

まずはブログランキングをポチってから読むんですよー
アクセスありがとうございます!

ライブスケジュールはこちらです〜
http://www.shinzawa.net/schedule/

レッスン情報はこちらです。
http://www.shinzawa.net/Lesson.html
Facebookページ始めました!

僕の音楽に共感してくださるかたは、是非、僕のFacebookページに「いいね!」でご購読ください!
https://www.facebook.com/kenichiroshinzawa/
 

 

ピアノのダンパーペダル(以下「ペダル」)。

僕は、積極的に踏むほうかもしれません。

 

あの、足で掴んだペダルが、ダンパーを操っている感覚が、大事なように思います。

実際にピアノの中の様子を見ればすぐに分かりますからね。

考え方としては、ピアニストの横山幸雄氏の影響を、僕は大きく受けているように思います。

横山氏は自らの著書(*)で次のように述べており、

まず大原則として、僕自身は、ピアノという楽器の音色はペダルを踏んでいるときの音色であると考えている。

つまり「どこで踏むか」ではなく、「踏んでいる音が基本にあり、それが不快な形に濁らないように踏みかえ、きれいに混ざり合うように踏む」ということだ。

(*)『ピアノQ&A136 上巻』横山幸雄著 p.140

この話には、勿論続きがあって、それは、本を手に取って読んでくださいね。

 

これに当時の僕はとても影響を受けました。

ハーフペダルとかも、もう、面白くて。。僅かに踏んで響きをちょっと足すとかもね。

 

他にも、


「よく弾けるようになるまでペダルは使ってはいけない?」 (同p.146)


という質問に対して、遠回しではありますが「ペダルも使った方が良い」「どうしてもペダルを使わずに練習する事情がある場合も、ペダルを踏んだらどういう音になるかを常にイメージする」と結論しているように僕には読めます。


また、

 

「バッハの曲にペダルを使ってはいけない?」
「バッハの時代にはペダルがなかったから、現代ピアノでもペダルを入れずに演奏する」というようなことはまったくナンセンスだと思っている。
(同p.154)

 

この本が出たのはちょっと前なので、横山氏の考えが変化したところもあるかもしれませんが、とても参考になる本ですよ!




一方で、僕の敬愛するグレン・グールドはどうでしょう。


非常に早いうちからペダル嫌いを自覚しましたし、作品が特別に、絶対的にペダルの使用を求めていることがない限り、私はペダルをまったく踏みません。骨抜きにされたハープシコードを少々思わせるような響きになったときがいちばん幸せです。

『グレン・グールド発言集』p.41

 

なぬ!

 

どういう音が欲しいかで、考え方も全く変わってくるのかもしれませんね。

 

いずれにしても、観念的になるのではなく、耳で聴いてね、自ら決めていきたいですね。

 


 


楽しみましょう!

いままでのレッスンブログを全部見るにはこちら!

■メルマガ会員募集中!
メルマガ会員専用ページを作りました。
僕のメールマガジンをご購読頂いているお客様向けに、SNSでは流れていってしまうような記事を限定公開で!
僕の曲の草稿譜面やライブ動画、オリジナル録音などがお楽しみいただけます。
メールマガジンは僕のライブやCDリリース、メディア出演などのお知らせをお送りいたします。月に1〜2度の発行です。
ご希望の方は僕のウエブサイトのメールフォームから、

件名「メルマガ希望」
1)メールアドレス
2)ご氏名
3)ご氏名のふりがな

を、お知らせ下さい。

折り返し、アクセス情報をお送りします。数日掛かってしまう場合もございます。予めご了承下さい。

JUGEMテーマ:音楽

Lesson | 23:59 | - | -