<< 2017.7.8の自由演奏 <土曜日の朝アップ…いま弾いたピアノ即興演奏> | main | 今週の新澤健一郎 >>
ビジョンボードを描こう。

まずはブログランキングをポチってから読むんですよー
アクセスありがとうございます!

ライブスケジュールはこちらです〜
http://www.shinzawa.net/schedule/

レッスン情報はこちらです。
http://www.shinzawa.net/Lesson.html

「ビジョンボード」って知ってますか?

 

想いを絵に描くと、実現するんです。
 

そうとは知らずに僕は、子供時代にこれをやってたようです!

(クリックすると大きな図が出ます)
 

 

ビジョンボード1-子供時代


これね、当時のYAMAHAのカタログの、ほぼまんまなんですけどね(笑)
 

YAMAHAカタログ13


今見るとね、当たり前のようにツッコミどころも満載ですが、CP-30が省かれていて、CS-40MがCS-20に変更になってるのなかなかいいセンスしてるじゃない!w
 

 

YAMAHAカタログ1YAMAHAカタログ2


これ、昭和56年のカタログだから、中学1年だったってことかな。

*ちっさいですがカタログの裏表紙を見るとわかります。


来る日も来る日もこれを見てたんだろうなぁ。(これ重要!)

右下には見積価格まで書いてある(笑)。当時価格で226万円かぁ〜。


CP-80は、勿論所有はしてませんが、何度か弾く機会を頂きました。録音やTV収録もあり。

SK-50Dは、もし音が聴けるんなら今でも聴いてみたい楽器の一つです(まだ音を知らない)。

ビジョンボードはもう一つあって、これには、驚くべきことに(笑)PC-8801でMOOG IIIとRoland Syatem700をコントロールするという!w
 

冨田勲さんの作品に触れたのもこの頃だから、こういう風にしたかったんだろうな。もしこれ実物がこうだったら手弾きしながらようやるわw

PCでシンセをコントロールするのは誰でも出来る時代になりましたしね。

CS-20はMoog PRODIGYに、SK-50DはMONTAGE6、SK-20はNord Lead2xに、CP-80はNord Stage 88、MOOGIIIはPROPHET5やMIDI MINIに取って変わりましたが、いい感じで実現してるし!
 
てゆうか、その職業に就いているし!!

みなさんも「ビジョンボード」、描くことをおすすめします!

僕もまたやろうかな。


■メルマガ会員募集中!
僕のメールマガジンをご購読頂いているお客様向けに、SNSでは流れていってしまうような記事を限定公開で!
僕の曲の草稿譜面やライブ動画、オリジナル録音などがお楽しみいただけます。
メールマガジンは僕のライブやCDリリース、メディア出演などのお知らせをお送りいたします。毎月1日と20日の発行です。
ご希望の方は僕のウエブサイトのメールフォームから、

件名「メルマガ希望」
1)メールアドレス
2)ご氏名
3)ご氏名のふりがな

を、お知らせ下さい。

折り返し、アクセス情報をお送りします。数日掛かってしまう場合もございます。予めご了承下さい。

JUGEMテーマ:音楽

Essay | 23:26 | - | -