<< 今週の新澤健一郎 | main | 2017.1.14の自由演奏 <土曜日の朝アップ…いま弾いたピアノ即興演奏> >>
階名(移動ド)その後

まずはブログランキングをポチってから読むんですよー
アクセスありがとうございます!

ライブスケジュールはこちらです〜
http://www.shinzawa.net/schedule/

レッスン情報はこちらです。
http://www.shinzawa.net/Lesson.html


僕が階名唱法(移動ドうたい)が音楽表現に役に立つと見立ててから、今までに分かったこと。

 

1) 絶対音感で音名が強くラベリングされている人は、無理してやらなくて良い。

特に、移調楽器をやっていて絶対音のラベリングが強い人に、階名唱法は困難ということが分かりました。

 

2) 1)に当てはまらない人は、階名唱法に積極的に取り組むことをおすすめします。

 

3) フレーズや、調性のはっきりした楽曲を「Any Keyで練習する」ことは、1)の人にも2)の人にも、全員に有効。

 

Any Keyとは、12のキー全てでという意味です。


絶対音感の人は、全て音名で処理して構わないので、楽器習得のある時期に、Any Keyでの練習を集中的にやると、その後の音楽表現の豊かさに貢献すると考えています。


ミスも減る。

まずは、これからやってみよう。
・フレーズ D - E - F - G - A - F - E - D (コードとしてはDm7になる。8分音符,Swingで)
・Blues Scale
・Altered Scale

 

 

■階名唱法とは:
例えばキーがDならば、
音名D - E - F#-G - A - B - C# - D を、
階名Do- Re- Mi-Fa- Sol- La - Ti - do と、歌う(感じる)ことです。
*キーの主音を「Do」にする。

 

■階名唱法での、短調の主音についての議論:
短調の主音は「La」でも「Do」でも、どちらでも良い。
「自分がそう聴こえる方」で良い。なので、まずは沢山、長調で階名唱法に慣れるのがおすすめです。
それぞれメリット、デメリットがあり「短調の階名は主音La、主音Doのどちらが優れているか?」を考えても無駄。ちなみにクラシックは100% 短調の主音は「La」。ジャズでは短調の主音「Do」が好まれる傾向があります。
短調の主音を「La」に決め打ちしてしまったら、Blues Scaleを2通りやる羽目になるし、ジャズではモーダル・インターチェンジ(メジャーとマイナーの交換)もよくあるから、ジャズでは短調の主音「Do」は理にかなっているとも言えます。けど不都合も起きる。
つまり良い意味で適当が一番!
階名唱法での短調の主音が「La」か「Do」かは、「自分がどう聴こえるか」でその都度判断でOK。

 

楽しみましょう!

 

 

関連記事:自分の中から音楽が溢れ出るということ

 

 

いままでのレッスンブログを全部見るにはこちら!

■メルマガ会員募集中!
メルマガ会員専用ページを作りました。
僕のメールマガジンをご購読頂いているお客様向けに、SNSでは流れていってしまうような記事を限定公開で!
僕の曲の草稿譜面やライブ動画、オリジナル録音などがお楽しみいただけます。
メールマガジンは僕のライブやCDリリース、メディア出演などのお知らせをお送りいたします。月に1〜2度の発行です。
ご希望の方は僕のウエブサイトのメールフォームから、

件名「メルマガ希望」
1)メールアドレス
2)ご氏名
3)ご氏名のふりがな

を、お知らせ下さい。

折り返し、アクセス情報をお送りします。数日掛かってしまう場合もございます。予めご了承下さい。

JUGEMテーマ:音楽

Lesson | 23:41 | - | -