<< 2015.10.31の自由演奏 | main | 今週の新澤健一郎 >>
446Hz
まずはブログランキングをポチってから読むんですよー
アクセスありがとうございます!

ライブスケジュールはこちらです〜
http://www.shinzawa.net/schedule/

レッスン情報はこちらです。
http://www.shinzawa.net/Lesson.html

446Hzのピアノの作りかた。
海辺のホールのステージ袖に放置すると、そうなるようです。

湿度が上がると、ピアノのピッチも上がります。
じわじわとね。
ピアノは金属と木の複合製品なので、こういう事が起こります。

いやほんとビックりでした(^ ^)
446Hzは、初めてだったかも!

急遽、調律師さんを手配して頂き、事なきを得ましたがやはり一日で4Hzのピッチ変更は一日持ちませんでしたねぇ。。

いや、僕は別に446Hzでもいいんですが、他のピッチを自分で作る奏者のみなさんが耐えられません。

あとね、調律されていないピアノは、鳴りも悪いんですよ。
だから、前日に調律が入っていたとしても、入れる人は入れるんです。

コンサートのコストカットのリストに「調律」が含まれないよう、改善をお願いし続けていきたいと考えています。

色々な状況があると思います。ピアノそのものを用意するのもやっとというような場合は、よし!この状況で頑張ろう!って思いますよ。

一方で、買っただけで放置のようなフルコンとかがあると、S6かC7にして、その分、定期調律などの維持費に回して欲しいな!って本気で思います。

スペック的にフルコンが無いと来てくれないアーティストさんもいるのかな、、、

あとね、地方のホールとかにあるようなピアノは、フルコンであれ何であれ、普段、街の人にも弾けるよう、限定的で構いませんから、解放してください。

人に弾いてもらえないピアノは、楽器としての使命をまるで果たしていませんし、よく弾いてもらっているピアノは、良く鳴るんです。

よろしくお願いします!


■メルマガ会員募集中!
メルマガ会員専用ページを作りました。
僕のメールマガジンをご購読頂いているお客様向けに、SNSでは流れていってしまうような記事を限定公開で!
僕の曲の草稿譜面やライブ動画、オリジナル録音などがお楽しみいただけます。
メールマガジンは僕のライブやCDリリース、メディア出演などのお知らせをお送りいたします。月に1〜2度の発行です。
ご希望の方は僕のウエブサイトのメールフォームから、

件名「メルマガ希望」
1)メールアドレス
2)ご氏名
3)ご氏名のふりがな

を、お知らせ下さい。

折り返し、アクセス情報をお送りします。数日掛かってしまう場合もございます。予めご了承下さい。



JUGEMテーマ:音楽
Piano | 23:16 | - | -