F/G は G7 のお友達!

まずはブログランキングをポチってから読むんですよー
アクセスありがとうございます!

ライブスケジュールはこちらです〜
http://www.shinzawa.net/schedule/

レッスン情報はこちらです。
http://www.shinzawa.net/lesson

Facebookページ始めました!僕の音楽に共感してくださるかたは、是非、僕のFacebookページに「いいね!」でご購読ください!
https://www.facebook.com/kenichiroshinzawa/
 

 

■1.F/G の形のコードは、ポップスに沢山出てきます。ジャズにも。

分数コードですが、分かってしまえば難しくありません。

 

まず、知ってほしいのは、
F/G は、G7のお友達なんです。


実際に聴き比べてみましょう。

 

 

 

ね、似てます!(笑) 

 

なんでお友達かと言うと、どちらもドミナントの役割を果たします。 

 

 

 

 

どちらもドミナントの役割を果たしますが、F/Gは、G7に比べて、少しお洒落な響きがしますよね。

 

 

■2.次に、F/Gの、ピアノがよく響く押さえ方を幾つか弾きましょう。 

 

5

 

■3.下記のコードを、■2で示したそれぞれの押さえ方で練習しましょう。

 

 

楽しみましょう!

いままでのレッスンブログを全部見るにはこちら!

■メルマガ会員募集中!
毎月1日と20日に最新情報をメール配信!会員様専用サイトでライブ動画などを月いち更新!ご希望のお客様は私のサイトのトップページからご登録!折り返し、アクセス情報をお送りします。数日掛かってしまう場合もございます。予めご了承下さい。



JUGEMテーマ:音楽

Lesson | 23:59 | - | -
Low Interval Limit と左手の練習 〜何故、響きがぶよぶよするのか?〜

まずはブログランキングをポチってから読むんですよー
アクセスありがとうございます!

ライブスケジュールはこちらです〜
http://www.shinzawa.net/schedule/

レッスン情報はこちらです。
http://www.shinzawa.net/lesson

Facebookページ始めました!僕の音楽に共感してくださるかたは、是非、僕のFacebookページに「いいね!」でご購読ください!
https://www.facebook.com/kenichiroshinzawa/


Low Interval Limit と左手の練習

〜何故、響きがぶよぶよするのか?〜

 

■コードの基本的な押さえ方を覚えて、色々と実際に弾いてみると、例えば譜例1のように、音が重たくて、ぶよぶよした感じになりますよね?いい感じとは言えない響きです。

LIL1

譜例2のように、上の音域で弾けば大丈夫なのに、これは何故でしょう?

 

LIL2

 

 

■実は、音程ごとに適切に響く「下限」があって、これを「Low Interval Limit」と呼びます。それを下回ると、響きが重たくなったり、ぶよぶよしたりします。

 

LIL3

 

*オクターブは Low Interval Limit なし

*特殊な効果を狙う時は、敢えて Low Interval Limit を無視する事もある

*ピアノは自分で音程を作る楽器ではないので、多少下回っても大丈夫な場合もある。感覚的に処理で構わない。

*とりあえずは、短3度、長3度を覚えよう。

 

■譜例1のGm7は、3rdの音が Low Interval Limit を下回って、響きが重くなってしまっています。

3rdの音をオクターブ上げて、改善します。それぞれの響きの違いを聴き比べて下さい。

 

LIL4

 

■この性質を知って、バラードなどでよく出てくる次の形を練習しましょう。(左手)

 

LIL5

 

色々なコードで、この(1)-(5)-(7)-(3)の形と、(1)-(5)-(3)-(7)の形を練習して、実際の曲にも応用しよう。

 

 

楽しみましょう!

いままでのレッスンブログを全部見るにはこちら!

■メルマガ会員募集中!
毎月1日と20日に最新情報をメール配信!会員様専用サイトでライブ動画などを月いち更新!ご希望のお客様は私のサイトのトップページからご登録!折り返し、アクセス情報をお送りします。数日掛かってしまう場合もございます。予めご了承下さい。

 

JUGEMテーマ:音楽

Lesson | 20:58 | - | -
セカンダリー・ドミナント

まずはブログランキングをポチってから読むんですよー
アクセスありがとうございます!

ライブスケジュールはこちらです〜
http://www.shinzawa.net/schedule/

レッスン情報はこちらです。
http://www.shinzawa.net/lesson

Facebookページ始めました!僕の音楽に共感してくださるかたは、是非、僕のFacebookページに「いいね!」でご購読ください!
https://www.facebook.com/kenichiroshinzawa/
 

 

セカンダリー・ドミナント

 

定義:以下の3項目で構成されます。


基本:ダイアトニックコードに解決する7thコード。ただし、以下は除外します。
除外1:V7はドミナントなのでセカンダリー・ドミナントに含めません(そりゃそうです)。
除外2:VIIm7(b5)に解決する7thコードはIV#7で、これはそのKeyの長音階の上に無いルートなので、含めません。

 

つまり、セカンダリー・ドミナントは、以下の5つになります。
I7, II7, III7, VI7, VII7

 

そもそもダイアトニック・コードとは何か。そのKeyの長音階の上の音で作った音ということは、その調性の中にいるということです。まずはこれを意識しましょう。

 

セカンダリー・ドミナントは、どれも、長音階には無い音が含まれている。部分的に見れば転調です。だけど、ダイアトニック・コードに戻って来るのだから、元の調性の中にまだいるって見立てて、音楽に動きと色味を与えてくれるものと考えましょう、というものだと思います。7thコードは動きを作りますからね。

 

こうやって、音楽的な意味を「実際に音を出しながら」考えるのは、重要です。

これをやらなかったら、算数になってしまいますからね。

 

5つあるセカンダリー・ドミナントの、最初の一手として考えて差し支えないコード・スケールと、それぞれの解決先を記します。解決先のコードを見れば、コード・スケールを導くのは簡単ですよね。


I7(Mixo.) → IVmaj7

II7(Mixo.) → V7

III7(Alt.) → VIm7

VI7(Alt.) → IIm7

VII7(Alt.) → IIIm7

 

この5つのセカンダリー・ドミナントそれぞれに「味」、「感じ」があります。

それが身体の中に入ったら強いです。



楽しみましょう!

いままでのレッスンブログを全部見るにはこちら!

■メルマガ会員募集中!
毎月1日と20日に最新情報をメール配信!会員様専用サイトでライブ動画などを月いち更新!ご希望のお客様は私のサイトのトップページからご登録!折り返し、アクセス情報をお送りします。数日掛かってしまう場合もございます。予めご了承下さい。



JUGEMテーマ:音楽

Lesson | 23:59 | - | -
ピアノという楽器の音色はペダルを踏んでいるときの音色

まずはブログランキングをポチってから読むんですよー
アクセスありがとうございます!

ライブスケジュールはこちらです〜
http://www.shinzawa.net/schedule/

レッスン情報はこちらです。
http://www.shinzawa.net/Lesson.html
Facebookページ始めました!

僕の音楽に共感してくださるかたは、是非、僕のFacebookページに「いいね!」でご購読ください!
https://www.facebook.com/kenichiroshinzawa/
 

 

ピアノのダンパーペダル(以下「ペダル」)。

僕は、積極的に踏むほうかもしれません。

 

あの、足で掴んだペダルが、ダンパーを操っている感覚が、大事なように思います。

実際にピアノの中の様子を見ればすぐに分かりますからね。

考え方としては、ピアニストの横山幸雄氏の影響を、僕は大きく受けているように思います。

横山氏は自らの著書(*)で次のように述べており、

まず大原則として、僕自身は、ピアノという楽器の音色はペダルを踏んでいるときの音色であると考えている。

つまり「どこで踏むか」ではなく、「踏んでいる音が基本にあり、それが不快な形に濁らないように踏みかえ、きれいに混ざり合うように踏む」ということだ。

(*)『ピアノQ&A136 上巻』横山幸雄著 p.140

この話には、勿論続きがあって、それは、本を手に取って読んでくださいね。

 

これに当時の僕はとても影響を受けました。

ハーフペダルとかも、もう、面白くて。。僅かに踏んで響きをちょっと足すとかもね。

 

他にも、


「よく弾けるようになるまでペダルは使ってはいけない?」 (同p.146)


という質問に対して、遠回しではありますが「ペダルも使った方が良い」「どうしてもペダルを使わずに練習する事情がある場合も、ペダルを踏んだらどういう音になるかを常にイメージする」と結論しているように僕には読めます。


また、

 

「バッハの曲にペダルを使ってはいけない?」
「バッハの時代にはペダルがなかったから、現代ピアノでもペダルを入れずに演奏する」というようなことはまったくナンセンスだと思っている。
(同p.154)

 

この本が出たのはちょっと前なので、横山氏の考えが変化したところもあるかもしれませんが、とても参考になる本ですよ!




一方で、僕の敬愛するグレン・グールドはどうでしょう。


非常に早いうちからペダル嫌いを自覚しましたし、作品が特別に、絶対的にペダルの使用を求めていることがない限り、私はペダルをまったく踏みません。骨抜きにされたハープシコードを少々思わせるような響きになったときがいちばん幸せです。

『グレン・グールド発言集』p.41

 

なぬ!

 

どういう音が欲しいかで、考え方も全く変わってくるのかもしれませんね。

 

いずれにしても、観念的になるのではなく、耳で聴いてね、自ら決めていきたいですね。

 


 


楽しみましょう!

いままでのレッスンブログを全部見るにはこちら!

■メルマガ会員募集中!
メルマガ会員専用ページを作りました。
僕のメールマガジンをご購読頂いているお客様向けに、SNSでは流れていってしまうような記事を限定公開で!
僕の曲の草稿譜面やライブ動画、オリジナル録音などがお楽しみいただけます。
メールマガジンは僕のライブやCDリリース、メディア出演などのお知らせをお送りいたします。月に1〜2度の発行です。
ご希望の方は僕のウエブサイトのメールフォームから、

件名「メルマガ希望」
1)メールアドレス
2)ご氏名
3)ご氏名のふりがな

を、お知らせ下さい。

折り返し、アクセス情報をお送りします。数日掛かってしまう場合もございます。予めご了承下さい。

JUGEMテーマ:音楽

Lesson | 23:59 | - | -
ジャズの歴史1…ジャズ史年表

まずはブログランキングをポチってから読むんですよー
アクセスありがとうございます!

ライブスケジュールはこちらです〜
http://www.shinzawa.net/schedule/

レッスン情報はこちらです。
http://www.shinzawa.net/Lesson.html

こういうの欲しい人、とても多いのかなと実感することがあります!
随時直していくと思います。
ご指摘頂ければ幸いです。
 

 

ジャズ史年表 *年代はおよそ
編者:新澤健一郎

 

ラグライム スコット・ジョプリン(p)「The Entertainer」 (1902) 完全に書かれた楽譜
 

1900年頃から ニューオリンズ・ジャズ、デキシーランド・ジャズ

Original Dixieland Jass Band (ニューオーリンズ出身の白人ジャズ・バンド) 1917 年

 *ジャズ初のレコード
ルイ・アームストロング(サッチモ)(tp,vo) 1901-1971

 「West End Blues」(1928)「What a Wonderful World」(1967)
ガーシュウィン「Rhapsody in Blue」(1924[2 台ピアノ],1942[管弦楽最終バージョン])


1930年代 スウィング・ジャズ

デューク・エリントン(p) 1899-1974 「A 列車で行こう」(1939)
カウント・ベイシー(p) 1904-1984 「One O’Clock Jump」(1937)
ベニー・グッドマン(cl) 1909-1986 「At Carnegie Hall」

 *ジャズ初のカーネギー・ホール(1938)

グレン・ミラー(tb) 1904-1944「茶色の小瓶」(1869)
チャーリー・クリスチャン(g) 1916-1942 「at Minton's」(1941) *ジャズ・ギターの開祖
 

1940年代 ビ・バップ

チャーリー・パーカー(sax) 1920-1955「Confirmation」(1946)、「Donna Lee」(1947)

ディジー・ガレスピー(tp) 1917-1993「チュニジアの夜」(1942) *アフリカのリズム

アフロ・キューバン・ジャズ(ラテン・ジャズ)は 1940 年代からある。
 

1940 年代〜50 年代
・ハード・バップ

 アート・ブレイキー(ds) 1919-1990 &ジャズ・メッセンジャーズ

 ベニー・ゴルソン(sax) 1929- 「I Remember Clifford」(1957)
 ソニー・ロリンズ(sax) 1930- 「Molitat」(Mack the Knife) (1956)

 マイルス・デイビスのマラソン・セッション

  1956 年 5/11 と 10/26 の 2 日間でアルバム 4 枚を録音。
 「Cookin'」「Relaxin'」「Workin'」「Steamin'」
 

・ファンキー・ジャズ

 アート・ブレイキー「Moanin’」(1958)、

 キャノンボール・アダレイ(sax) 1928-1975「Mercy, Mercy, Mercy」(1966)

 

クール・ジャズ

 マイルス・デイビス(tp) 1926-1991「Birth Of The Cool」(1957)

 ギル・エヴァンス(Arr) 1912-1988

 

ヘレン・メリル(vo) 1930-「You'd be so nice to come home to」(1955)

 

1950年代末〜60年代 モード・ジャズ

マイルス・デイビス「Kind of Blue」(1959) 「Nefertiti」(1967)
ジョン・コルトレーン(sax) 1926-1967「My Favorite Things」(1961)

 「Impressions」(1963)

 「至上の愛」(A Love Supreme)(1965)

マッコイ・タイナー(p) 1938-

 

1960 年「真夏の夜のジャズ」第 5 回(1958)

ニューポート・ジャズ・フェスティバルの記録映画。

 

1961 年 ビル・エバンス(p) 1929-1980 「Waltz for Debby」

モダン・ジャズを代表するピアニスト。

*ビ・バップからモードまでをまとめて「モダン・ジャズ」と呼ぶ。

 

ボサノバの誕生...1950 年代後期

アントニオ・カルロス・ジョビン 1927-1994 「The Girl From Ipanema」(1962)

 

1960年代 フリー・ジャズ

オーネット・コールマン(sax)1930-2015「Free Jazz」(1961)

山下洋輔(p)1942-「グガン」(1971)

 

1966 年 サド・ジョーンズ&メル・ルイス・オーケストラ ビックバンドの最高峰の一つ。

(現在も「ヴァンガード・ジャズ・オーケストラ」で存続)

☆ジョーンズ3兄弟

 ハンク・ジョーンズ(p) 1918-2010

 サド・ジョーンズ(tp)1923-1986

 エルビン・ジョーンズ(ds)1927-2004


1969 年 北欧ジャズ・ECM レーベルの誕生

 キース・ジャレット(p) 1945-「Country」(1978)

 ヤン・ガルバレク(sax) 1947-

 

1970 年代〜1980 年代 エレクトリック・ジャズ 〜 クロスオーバー 〜 フュージョン。

ロック、ファンク、ラテンミュージックとの融合

 

 マイルス・デイビス「Bitches Brew」(1970)「Rated X / Get Up with It」(1975)

 

 ウェザー・リポート「Birdland」(1977)

  ジョー・ザビヌル(key) 1932-2007

  ウェイン・ショーター(sax) 1933-

  ジャコ・パストリアス(b) 1951-1987)

 

 リターン・トゥ・フォーエバー(チック・コリア(p) 1941-)

 「La Fiesta」(1972)、「Spain」(1973)

 

 ヘッド・ハンターズ(ハービー・ハンコック(p) 1940-)

 「カメレオン」(1973)

 

 CTI レーベル 1967-:ハード・バップで活躍したミュージシャンを積極的に登用。

 聴きやすい作品群で人気を得た。

 

*スタジオ・ミュージシャンの時代

マイケル・ブレッカー(sax) 1949-2007

ランディ・ブレッカー(tp) 1945-

デビッド・サンボーン(sax) 1945-

スタッフ「Foots」(1976)

 スティーブ・ガッド(ds) 1945-

 リチャード・ティ(p) 1943-1993)

 

1970 年代後半〜 アコースティックへの回帰

ハービー・ハンコック & VSOP 「Tempest at the Colosseum」1977

 マイルス・バンド再結成がならずフレディー・ハバ ード(tp)が参加、これが大当たり!
ウイントン・マルサリス(tp) 1961-「April in Paris / Standard Time」(1987)

 現代的な完璧なテクニックでの原点回帰。

 

1980 年代〜 クラブジャズ、アシッド・ジャズ

 

現在進行形

パット・メセニー(g)1954-

ブラッド・メルドー(p)1970-

マリア・シュナイダー(ビックバンド)1960-

ロバート・グラスパー(p) 1974- 

 

(クリックすると大きな図が出ます)

ジャズ史概要図・新澤健一郎

 

 

楽しみましょう!

いままでのレッスンブログを全部見るにはこちら!

■メルマガ会員募集中!
メルマガ会員専用ページを作りました。
僕のメールマガジンをご購読頂いているお客様向けに、SNSでは流れていってしまうような記事を限定公開で!
僕の曲の草稿譜面やライブ動画、オリジナル録音などがお楽しみいただけます。
メールマガジンは僕のライブやCDリリース、メディア出演などのお知らせをお送りいたします。月に1〜2度の発行です。
ご希望の方は僕のウエブサイトのメールフォームから、

件名「メルマガ希望」
1)メールアドレス
2)ご氏名
3)ご氏名のふりがな

を、お知らせ下さい。

折り返し、アクセス情報をお送りします。数日掛かってしまう場合もございます。予めご了承下さい。

JUGEMテーマ:音楽

Lesson | 22:19 | - | -
モントゥーノ1

まずはブログランキングをポチってから読むんですよー
アクセスありがとうございます!

ライブスケジュールはこちらです〜
http://www.shinzawa.net/schedule/

レッスン情報はこちらです。
http://www.shinzawa.net/Lesson.html

 

 

モントゥーノ。

 

本格的なキューバ音楽やサルサのほか、ラテン・ジャズやポップスにも登場しますね。

 

この右手のパターンのようなものを「モントゥーノ」、左手を「トゥンバオ」と呼びます。

 

モントゥーノ1-fig1

 

次のように練習しましょう。

 

1)右手:モントゥーノ、左手:クラーベ

 

モントゥーノ1-fig2

 

モントゥーノにはクラーベの感覚が欠かせません。ここでは2-3(ツー・スリー)クラーベを左手で打ちましょう。また、左足のかかとを4分音符で踏みましょう。

 

クリック(メトロノーム)を使ってBPM(四分音符)=116くらいから、160くらいまでがテンポの目安です。

116はかなりゆっくりに感じると思いますが、クラーベを打ちながら弾くのに慣れましょう。

 

8回以上繰り返して練習しましょう!

 

 

2)トゥンバオの予備練習。

 

モントゥーノ1-fig3

 

トゥンバオは4拍目にルートを打つので慣れるまでは大変です。

まずは、次のように頭で打つパターンで予備練習しましょう。

これはクラーベは打たなくてOK。

 

 

3)右手:クラーベ、左手:トゥンバオ

 

モントゥーノ1-fig4

 

では次にトゥンバオに挑戦です!

4拍目と次の小節の1拍目をタイで繋ぎます。

右手でクラーベを打ちます。

これはとても難しい部類に入ると思います。

自分の体の動作が認識出来る、ものすごくゆっくりから練習しましょう。

 

これはとても重要な練習なので、16回以上繰り返します!

 

 

4)右手:モントゥーノ、左手:トゥンバオ

モントゥーノ1-fig5

 

もし、パターンを打ち込めるメトロノームを持っていたら、2-3クラーベのパターンを作って、それに合わせて練習して下さい。

 

繰り返し弾いて、気持ち良くなってきたらしめたものです!

 


楽しみましょう!

いままでのレッスンブログを全部見るにはこちら!

■メルマガ会員募集中!
メルマガ会員専用ページを作りました。
僕のメールマガジンをご購読頂いているお客様向けに、SNSでは流れていってしまうような記事を限定公開で!
僕の曲の草稿譜面やライブ動画、オリジナル録音などがお楽しみいただけます。
メールマガジンは僕のライブやCDリリース、メディア出演などのお知らせをお送りいたします。月に1〜2度の発行です。
ご希望の方は僕のウエブサイトのメールフォームから、

件名「メルマガ希望」
1)メールアドレス
2)ご氏名
3)ご氏名のふりがな

を、お知らせ下さい。

折り返し、アクセス情報をお送りします。数日掛かってしまう場合もございます。予めご了承下さい。

JUGEMテーマ:音楽

Lesson | 22:39 | - | -
ボイシングでピアノを鳴らせ!(2)

まずはブログランキングをポチってから読むんですよー
アクセスありがとうございます!

ライブスケジュールはこちらです〜
http://www.shinzawa.net/schedule/

レッスン情報はこちらです。
http://www.shinzawa.net/Lesson.html
 

ピアノがよく鳴る左手の型を覚えよう。

この例はGがルートの場合です。

下段はベーシストが弾く前提で、上段を左手で弾こう。右手は無し。(*)

12のルートで全て覚えよう。

音域が低過ぎると音が重くなってしまうので、その場合はオクターブ上げて弾いて下さい。

 

左手のボイシング

 

(*)下段を左手、上段を右手で押さえれば、ピアノだけでコードが成立します。これも練習しよう。

 

楽しみましょう!

いままでのレッスンブログを全部見るにはこちら!

■メルマガ会員募集中!
メルマガ会員専用ページを作りました。
僕のメールマガジンをご購読頂いているお客様向けに、SNSでは流れていってしまうような記事を限定公開で!
僕の曲の草稿譜面やライブ動画、オリジナル録音などがお楽しみいただけます。
メールマガジンは僕のライブやCDリリース、メディア出演などのお知らせをお送りいたします。月に1〜2度の発行です。
ご希望の方は僕のウエブサイトのメールフォームから、

件名「メルマガ希望」
1)メールアドレス
2)ご氏名
3)ご氏名のふりがな

を、お知らせ下さい。

折り返し、アクセス情報をお送りします。数日掛かってしまう場合もございます。予めご了承下さい。

JUGEMテーマ:音楽

Lesson | 23:59 | - | -
ボイシングでピアノを鳴らせ!

まずはブログランキングをポチってから読むんですよー
アクセスありがとうございます!

ライブスケジュールはこちらです〜
http://www.shinzawa.net/schedule/

レッスン情報はこちらです。
http://www.shinzawa.net/Lesson.html

 

ピアノがよく鳴るボイシングというのがあります。 *「ボイシング」とは、コードに対する和音の積み方(音の選び方)の事。

例えば、Fのブルースの8小節目に出てくるD7でこの押さえ方!

 

D7-1

 

僕なんか、もう、これでジャズ全部分かった気になった(笑)

 

こういう、美味しいボイシング、ピアノがよく鳴るボイシングが、幾つもあります。もうこういうのは、形で覚えてしまうんです。*実はこの押さえ方はテンションを含んだ和音なので、使えない時もあるんだけど…それはまた後で。

 

これに、右手で5度の響きを含んだオクターブを足すと、とてもパーカッシブな、「よく鳴る」バッキングを演出できます。この着眼点を持ちましょう。*まぁオクターブと5度なんだから鳴るわなそりゃ。

 

まずはRootと5thで「5度の響きを含んだオクターブ」の右手を作った例。

 

D7-2

こんな感じのバッキングをすると、ピアノがよく鳴ることが耳で理解できると思います。

 

D7-3


次に、左手は同じ形で、テンションで「5度の響きを含んだオクターブ」の右手を作った例。
#9
とb13ですね。でも細かいことはいいんです(あとでこだわるクセに…笑)。まずは、この「感じ」をつかみましょう。

 

D7-4

 

D7-5

 

ボイシングで「ピアノを鳴らす」という目線を持ちましょう。

 

自分がよく使う左手のフォームに、「5度の響きを含んだオクターブ」の右手を足して、音楽がどういう感じになるか、経験的にカラダに入れて行こう。

 

ハービー・ハンコックや、ブランフォード・マルサリスとやっているケニー・カークランドを、僕はとても参考にしました。是非、聴いて感じをつかんで下さい。

 

参考音源:

There is no Greater Love – アルバム「Four and More」Miles Davis

I Thought about You – アルバム「Random Abstract」 Branford Marsalis


楽しみましょう!

いままでのレッスンブログを全部見るにはこちら!

■メルマガ会員募集中!
メルマガ会員専用ページを作りました。
僕のメールマガジンをご購読頂いているお客様向けに、SNSでは流れていってしまうような記事を限定公開で!
僕の曲の草稿譜面やライブ動画、オリジナル録音などがお楽しみいただけます。
メールマガジンは僕のライブやCDリリース、メディア出演などのお知らせをお送りいたします。月に1〜2度の発行です。
ご希望の方は僕のウエブサイトのメールフォームから、

件名「メルマガ希望」
1)メールアドレス
2)ご氏名
3)ご氏名のふりがな

を、お知らせ下さい。

折り返し、アクセス情報をお送りします。数日掛かってしまう場合もございます。予めご了承下さい。

JUGEMテーマ:音楽

Lesson | 23:59 | - | -
「Even」と「Swing」

まずはブログランキングをポチってから読むんですよー
アクセスありがとうございます!

ライブスケジュールはこちらです〜
http://www.shinzawa.net/schedule/

レッスン情報はこちらです。
http://www.shinzawa.net/Lesson.html

 

1)「Even」(イーヴン)とは?

譜面の音価の通りのリズムで弾く事です。

「Swing」で8分音符をノセて弾くことと区別する為にこの言葉を使います。

 

Even

 

2)Swing の8分音符の読み方。

「Swing」とリズム指定のある楽譜では、8分音符をスウィングさせて弾きます。

 

 

譜面

Swing1

 

このように弾きます。まずは、この読み替えに慣れよう!

Swing2

 

3)Swingのアーティキュレーションの基本。

・ウラの8分音符にアクセントを付けます。ですが、オモテを普通に出るとウラにアクセントが付いた感じになりにくいのて、オモテをやや弱めに弾くことで実現します。

・オモテをテヌートで弾きます。タア、タア、…で。タッタ、タッタ、…は×。

・フレーズやリズムパターンによっては、オモテを強くする場合も沢山ありますが、まずはこの基本を身に付けよう。

 

○良い例

Swing3

 

×悪い例

Swing4

 

4)テンポによるSwingの度合いの違い。

実際には、曲のテンポにより、Swingの度合いが変わります。

速いと殆どEvenで、アーティキュレーションだけでスウィング感を出します。

遅い曲では、付点8分と16分音符の組み合わせに近い場合も出て来ます。

色々なテンポのジャズを聴き8分音符がどのように演奏されているか確かめ、自分もそのように弾いてみよう。

 

テンポとスイングの深さ

 

5)Funkなどの「ハネ」。

FunkなどもEvenなものと、ハネるものがあります。ハネるものはBounceと言う事があります。

16分音符がハネます。同じテンポでも、色々なハネ具合のリズムがあります。

 

BounceFunk

 

 

楽しみましょう!

いままでのレッスンブログを全部見るにはこちら!

■メルマガ会員募集中!
メルマガ会員専用ページを作りました。
僕のメールマガジンをご購読頂いているお客様向けに、SNSでは流れていってしまうような記事を限定公開で!
僕の曲の草稿譜面やライブ動画、オリジナル録音などがお楽しみいただけます。
メールマガジンは僕のライブやCDリリース、メディア出演などのお知らせをお送りいたします。月に1〜2度の発行です。
ご希望の方は僕のウエブサイトのメールフォームから、

件名「メルマガ希望」
1)メールアドレス
2)ご氏名
3)ご氏名のふりがな

を、お知らせ下さい。

折り返し、アクセス情報をお送りします。数日掛かってしまう場合もございます。予めご了承下さい。

JUGEMテーマ:音楽

Lesson | 23:59 | - | -
ウォークしとく?

まずはブログランキングをポチってから読むんですよー
アクセスありがとうございます!

ライブスケジュールはこちらです〜
http://www.shinzawa.net/schedule/

レッスン情報はこちらです。
http://www.shinzawa.net/Lesson.html

 

ベースレスでピアノがウォークするの、好き嫌いが分かれるかなぁ…僕が大好きなケニーバロンもペトルチアーニもバシバシにウォークするんだけど。。何ならペトルチアーニと一緒の時のショーターも歩いていたし(!)音楽を「えいやっ!」って回せるし、何しろ、僕はベースラインを作るのが好きなんだ!

 

一方で、ウォークじゃない絵の描き方も、もっともっと向上したい。音楽がかみ合って回って、勝手にスペースが聴こえてくる時はいいんだけど、そうでないような時も、もっと、、、スペースで提案したりして、音楽を切り開いていけるように。

 

空間なんて出来る時は勝手に出来る。無理しない。
その音楽に必要と僕が思ったら弾くしかないんだ。
逆に、空けて相手が崩れても、ひるまないことも必要かな。

 

レッスンというよりは独り言ですねぇこれは。。w

 

スタンゲッツ&ケニーバロン

 

ペトルチアーニ、ジムホール、ウェイン・ショーター 33:19〜

 

楽しみましょう!

いままでのレッスンブログを全部見るにはこちら!

■メルマガ会員募集中!
メルマガ会員専用ページを作りました。
僕のメールマガジンをご購読頂いているお客様向けに、SNSでは流れていってしまうような記事を限定公開で!
僕の曲の草稿譜面やライブ動画、オリジナル録音などがお楽しみいただけます。
メールマガジンは僕のライブやCDリリース、メディア出演などのお知らせをお送りいたします。月に1〜2度の発行です。
ご希望の方は僕のウエブサイトのメールフォームから、

件名「メルマガ希望」
1)メールアドレス
2)ご氏名
3)ご氏名のふりがな

を、お知らせ下さい。

折り返し、アクセス情報をお送りします。数日掛かってしまう場合もございます。予めご了承下さい。

JUGEMテーマ:音楽

Lesson | 22:35 | - | -