ヘルシンキ散策、トラム
(準備中)

アカデミア書店1

アカデミア書店2

カフェ・エスプラナード1 カフェ・エスプラナード2

カフェ・エスプラナード シナモンロール

ポホヨイスエスプラナーディ通り

カンプ

エスプラナーディ公園1

エスプラナーディ公園2 エスプラナーディ公園3

建築博物館1 建築博物館2

建築博物館3

デザイン博物館

Bulevarden通り

自転車と歩行者

三人の鍛冶屋像 銅像と鳥

元老院

カンピ スカンディック・シモケンタ


(準備中)
トラム
トラムの停留所
運行状況の案内板
トラムから市場付近を臨む
停留所の表示
Finland | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)
#NWQ14 ヘルシンキ中央駅と郵便局
(準備中)
ヘルシンキ中央駅
ヘルシンキ中央駅内部1

ヘルシンキ中央駅内部2

ヘルシンキ中央駅内部3

ホーム1

ホーム2 ホーム3

ヘルシンキ中央駅横側 ヘルシンキ中央駅とホリデイイン

ホーム4

ホーム5

バスターミナル

郵便博物館とS-MARKET

中央郵便局

郵便局の自転車


■ニクラス・ウインター(g)カルテット from フィンランド
ジャパン・ツアー2006 10/8〜10/17
Niklas Winter(g),島秀行(b),Toni Porthen(ds),新澤健一郎(p)
↓詳細はこちら!
http://www.wpjapan.com/niklastour/2006/
Finland | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)
NWQ#13 ムーミン
(準備中)
http://www.moomin.co.jp/

ムーミンママ

ムーミンパパ

トゥーティッキ


■ニクラス・ウインター(g)カルテット from フィンランド
ジャパン・ツアー2006 10/8〜10/17
Niklas Winter(g),島秀行(b),Toni Porthen(ds),新澤健一郎(p)
↓詳細はこちら!
http://www.wpjapan.com/niklastour/2006/
Finland | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)
NWQ#12 沈まぬ夕日
ヘルシンキの7月下旬は、殆ど白夜!

今年の夏は例年に無い晴天続きだそうで、
連日、沈まぬ太陽を体験出来ました。

午後7時でも昼間のようです。
下の写真は、フィンランド入りしてはじめの2日間に
一人旅した時に泊まったホリデイ・イン・ヘルシンキ・シティ・センター。
ヘルシンキ中央駅のすぐ隣です。
サウナもあり、なかなか良いホテルでした。
旅慣れてない自分としては、中央駅の隣という立地も良かったです。
*インターネット(有線LAN)は高かった。後日泊まったソコス・ホテル・ヘルシンキは無線LAN無料!
午後7時

↓午後7時半(左)と午後8時(右)。
トラム3Tに乗ってとりあえず市内をぐるりと回った時のものです。
午後7時30分 午後8時前

↓午後8時15分。
午後8時15分

↓ホテルの部屋。午後8時30分でもこの明るさ!
時差ぼけも手伝って、時間間隔が完全に麻痺です。
午後8時30分

↓午後9時前。ホテルの廊下からのヘルシンキ中央駅の眺めです。
午後9時前

↓午後10時前。ようやく夕暮れらしくなってきます。
午後10時前

↓午後10時10分。これも部屋から。良いお部屋でした。
午後10時10分

↓午前0時。日は沈みましたが夕焼けは残ります。
ホテルから出てすぐのところで撮影。
ヘルシンキ中央駅はこんな感じの景色になります。
不思議な感じです。
午前0時その1 午前0時その2

↓午前1時20分。
サマータイムなので、この頃が一番暗いでしょうか。
午前1時20分

↓午前4時。もうこの明るさです。
午前4時

■ニクラス・ウインター(g)カルテット from フィンランド
ジャパン・ツアー2006 10/8〜10/17
Niklas Winter(g),島秀行(b),Toni Porthen(ds),新澤健一郎(p)
↓詳細はこちら!
http://www.wpjapan.com/niklastour/2006/
Finland | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)
NWQ#11 写真家Janne Gröning氏
iniö(イニオ)に滞在中のある夕刻に、
風景写真家で知られるJanne Gröning(ヤンネ)氏の
ご自宅を訪問する機会に恵まれました。

近いうちに発売される私達のCDのジャケットには、
ヤンネ氏の写真が使われる予定です。

ヤンネ

詳しくはヤンネ氏のWebサイトで!
DVD写真集などを直接購入することも出来ます。
http://archipelagophoto.com/en_index.html

ヤンネの作品の一つ。すげー。
カメラはアナログしか使わないそうです。


これはヤンネの車です。
ワゴン車なんですけど、センスいいですね。
ヤンネの車

夜、とは言っても白夜に近いので、
夕暮れ時の空の色の下の庭で、ゆったりとしたパーティーでした。

蚊取り線香

フィンランドの蚊取り線香。もとい、蚊取り蝋燭?
「Poison」とか言ってました。分かりやすいなぁ。。

今年は例年に無く晴れの日が多く、蚊も少ないそうです。
普段の年はもの凄い数の蚊で、虫除けクリームが欠かせないとのこと。

気温も18以下と肌寒く、ニクラスが長袖の服を貸してくれました。

おやつ おやつの材料

振舞われたおやつと、その材料。
クッキーなどと一緒に食べます。
写真では分かりにくいですが、蕗のような大きな植物でした。

ヤンネ邸の庭からの空


■ニクラス・ウインター(g)カルテット from フィンランド
ジャパン・ツアー2006 10/8〜10/17
Niklas Winter(g),島秀行(b),Toni Porthen(ds),新澤健一郎(p)
↓詳細はこちら!
http://www.wpjapan.com/niklastour/2006/
Finland | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)
NWQ#10 サマーハウスにて
黄色いサマーハウス

ツアー中4日間、iniö(イニオ)の島にあるニクラスのサマーハウスで
メンバー一同過ごしました。

10月の日本ツアーも視野に入れたリハーサルで
新しい曲も幾つか取り組み、さながら合宿です。

この地図の、黄色の丸のあたりです。

トゥルクから陸続きのクスタビ(地図の赤の丸)から
船を3回乗り継いで行くのですが、
まぁ、最初の船は普通にフェリーでした。
中で軽食やコーヒーも楽しめます。

最初のフェリー フェリーからの眺め

が、次の船は、これ。

一見桟橋に見える次の船

これ、桟橋ではありません。
小さくしか見えませんが、旗が靡いている下に操縦室が見えますよね?

この桟橋のようなところに車が次々と入って行き、
時間が来ると柵で締め切られて動き出します。
最初はまるで橋が動き出したようでびっくりです。

操縦室 操縦してる?

私も操縦してみました(嘘)。

島と島の間に金属の太いワイヤーが張られていて、
それに沿って動く仕組みです。

フィンランド版渡し舟ですね。
無料なのが素晴らしい。(最初のフェリーは有料)
伊達に消費税22%ではありません。

次の写真は島の風景。
道も、空も、清々しいです。

道 昼間の風景

これは私が泊まっていた部屋の中です。
くつろげました。

部屋の中

実は、最初の写真の黄色い家は、
ニクラスが私達の為に借りてくれたサマーハウスで、
ニクラスのは別で歩いて10分くらいのところにありました。

次の写真はニクラスのサマーハウスの庭でくつろいていた時のものです。

庭でくつろぐ

驚いたのは、木々の葉の形!

私は国際子ども図書館「絵本ギャラリー」の音楽の仕事を
ここ数年させてもらっているのですが、
この庭の椅子に揺られてこれらの木々を見た瞬間に、
スウェーデンの絵本に出てきた画を思い出しました。

質感や、吹いてくる風の様子まで、あの画の通り、
と言っては逆なので変ですが、驚きの体験でした。

国際子ども図書館のサイトから「ユーゲントシュティルと絵本画家たち」を
選んで、「リーサの庭の花まつり」を選んで下さい。
楽譜のあるページでは私のピアノ演奏も聴けます。
http://www.kodomo.go.jp/gallery/digi/index.html

話をサマーハウスに戻しましょう。
次の写真は、ニクラスのサマーハウスから殆ど原野のような道を進むと
辿り着くサウナ小屋!

サウナ

フィンランド式の、水を石にくべて、その蒸気で温まるサウナです。
白樺の葉の香りも楽しみながら、そして、

サウナの後の海

水風呂ではなく海にザップーんと入ります。
一見湖ですがここは島なので海でした。
あー、気持ちいい。

サウナに行く途中の景色

サウナに行く途中は、こんな北欧ならではの景色。

夕暮れや、朝もやもいい感じです。

夕暮れ

霧の朝


■ニクラス・ウインター(g)カルテット from フィンランド
ジャパン・ツアー2006 10/8〜10/17
Niklas Winter(g),島秀行(b),Toni Porthen(ds),新澤健一郎(p)
↓詳細はこちら!
http://www.wpjapan.com/niklastour/2006/
Finland | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)
Umo Jazz House
Umo看板
ヘルシンキで一番有名なジャズクラブ「Umo Jazz House」の前まで行ってきました。
というのも、前に書いた通り、7月はお休み!なのです。
ニクラスから聴いた話だと、ヘルシンキで唯一グランドピアノのあるジャズクラブだそうです。先に書いたCDショップ「Digelus Music」から歩いてすぐのところにあります。

Umo Jazz House
http://www.umo.fi
電話+358-(0)9-6122 1914 Pursimiehenkatu 6

Umo玄関

Umoポスター

Umoの前で

次の機会には、中に入ってみたいなぁ。

Umoと街並
Finland | 23:59 | comments(0) | -
ヘルシンキのCDショップ「Digelius Music」(ディゲリウス・ミュージック)
ジャズ系のCDをヘルシンキで探すならココ!
「Digelius Music」(ディゲリウス・ミュージック)。

Digelius玄関
営業時間:月〜金 11時〜18時 土 10時〜16時
電話+358-(0)9-666-375 Laivurinrinne 2
http://www.digelius.com/

ヘルシンキでCDショップというとガイドブックでは、まず「Free Record Shop」ということになってますが、ジャズについては品揃えが薄く(全ジャンルで大体渋谷HMVの1フロアくらい)実際に行ってみるとかなりガッカリなのですが、ここならバッチリ!とりわけ、北欧ジャズやヨーロッパのワールドミュージックは、ここがお奨めです。ニクラスに教えてもらいました。

環状線3T(3B)トラムのViiskulma駅を降りたらすぐです。
トラムの駅


店長のEmuさんに、ニクラスと共演している旨を伝えたら、とてもよくしてくれました。
店主Emuさん

日本で入手困難なフィンランドのピアニスト、
ヤルモ・サボライネンのCDをゲット!

Jazzコーナー
Jazzコーナー。
フィンランドのジャズのタイトルも数多く揃ってます。日本でもご存知の詳しい方もいらっしゃるようで、日本からのメールオーダーも出来るみたいです(??未確認)。

ジャケットだけが置いてあり自由に中ジャケまで見ることが出来ます。省スペースCD収納をイメージして下さい。なので、コーナー自体狭く見えますが、かなりの数のタイトルが入っています。レジに持っていくと、実際の商品が奥から出てきます。

Worldコーナー
ワールド・ミュージックのコーナーは特に大きいです。

Japan
日本のコーナーも(右下)。写真がつぶれてますが「Okinawa」などの見出しが見えました。

Europa
ヨーロッパ・ワールド系

Suomi
北欧・ワールド系。他にも全世界的に揃ってます。

店長のEmuさんが音楽をとても大事にしているのを感じました。平日の昼間なのにお客も多くて忙しそうだった!(夏休み?)レジ待ちの一人前の学生っぽい人がサティのCDを買っていて、マニアというよりは普通のお客さんも多く、クラシックのタイトルなども扱っているようです。

Digelius外観
Finland | 23:59 | comments(3) | -
クスタビ再び
Kustavのステージ再び。
7/29

今日は昼間のステージで、カルテットでの演奏。
スタンダードを中心に。
途中、パラソルが飛んできたりして大変でした(笑)。

サーモンがうまい。
生魚を食べる習慣が無いようで、焼いたのとオイル漬けが出ましたが、あー、幸せです。

Laura Studio

2度にわたり演奏させてもらったここ「Laura Peterzens Studio」は、切り盛りしているLauraさん(年配の女性です)の洋服のデザインスタジオだそうです。レストランの隣が服屋になっていた訳が分かりました。ヨットハーバーもあり、素敵なところでした。娘さんがこれまたいい人で、日本人のデザイナーの友人も2人いるとか。その友人は何処に住んでいるの?と聞いたらロンドンだそうです。うむむ。

この日の別れ際に、LauraさんがKustavi周辺の島々の色々な景色や文化が載った小さな写真集をプレゼントしてくれました。ツアーも終盤だったので、一つ一つの写真に私なりの思い出が重なりました。それにしてもデザインのセンスが良い。

Finland | 23:59 | comments(0) | -
Truku(トゥルク)の野外ステージにて
Kupittaan Puisto (The City Park of Kupittaa)

レストランから臨める大きな広場にある野外ステージ。
当日は演奏と食事(カツがうまかった〜)に没頭したので、写真ありません。。。

お食事タイムには、「イングランティ?」と英語のメニューをお願いしたのですが、無い!公用語のフィンランド語/スウェーデン語のみ!こうなると私達は太刀打ち出来ません。全くわからんとはこの事です。ニクラスの助けを借りながらの注文でした。

ベースの島君がケースをどかんとステージの裏に置くんで、そんなもんなの?と思っていたら、ドラムのToniは「盗まれるから」とステージから見えるところに置いてたので、なんだ危ないんじゃん、と思ったり。フィンランドは比較的治安がいいとは言え、場所によるみたいです。

ニクラスの奥さん、お母さん、親戚の皆さんも来てくれて、楽しい出会いの時間でもありました。スペイン人の奥様を持つおじさんがいて、NervioのCDを買って行ってくれました。格好いい夫婦だったなぁ。

そうそう、他のお客さんで、CDにサインとともに日本語でフィンランドの印象を書いてくれ、って頼まれたっけ。日本語を勉強している友達がいるんだそうで。真面目に書きました:-)

前の晩にMONKのライブに来てくれたお客さんもちらほら。

黒人のダンサーの女の子、前の晩にあまりうまく話せなくて、あー、機嫌損ねちゃったかなーとか軽く思っていたのだけど、友達を何人も連れてきてくれて、彼女達のほうからやってきてくれたのでなんか嬉しかった。今日はちゃんと話せたし。そんな彼女もフィンランド国籍なのだそうです。

これは別の日に撮った写真ですが、こんな所でした。
カメラの設定を間違えて、色が変です。
7/28
Finland | 23:59 | comments(0) | -